ふくいと言えば「カニでしょ!」―ふくいのカニ、大解剖―

「魚が最高においしい」県の、最高においしい「カニ」!

インターネットの調査で「魚が最高においしいと思う都道府県」の1位※に選ばれた福井県。そのふくいが誇る冬の海の贅沢品といえば、やはり「カニ」でしょう。ふくいのカニが丸ごとわかる、カニ特集。福井からお取り寄せして、うんちくを披露してみては?

※2021年3/3~3/16、ねとらぼ調査

 

福井のカニはなぜおいしいのか?

冬の王者「越前がに」は、福井県内で水揚げされたズワイガニのこと。山陰地方などでマツバガニ(松葉がに)、京都府では「間人がに」石川県では「加能がに」などと呼ばれています。
こうした数ある全国のズワイガニ産地の中でも「越前がに」の漁場は別格の好条件。福井県沖の日本海は暖流と寒流がぶつかるエリアでプランクトンが豊富。カニたちは栄養が豊かな海域で育つのです。
また漁場と港との距離が近いため、カニが弱ることなく、新鮮なままで水揚げが可能。これが、鮮度が良く味もよいといわれる所以です。

 

王者「越前がに」、味わい深い「せいこ」、そして福井に来たら「水ガニ」

「越前がに」は「冬の味覚の王者」といわれ、1989年には福井県で捕れたオスが「越前がに」の名称で県の魚に定められました。メスの方は「せいこがに」と呼ばれ、「せ」は背中を、「こ」は子を表しています。背中に持つ内子と呼ばれる成熟した卵巣をカニが味わい深く、手ごろな値段も魅力。他県では「セコガニ」「香箱がに」などとも呼ばれています。
このほか、福井に来たら味わってほしいのが「水ガニ」。脱皮してまもないオスのズワイガニで、水揚げは2月19日から3月20日まで。水分を多く含んでいるため、身の取り外しもスムーズ。身が「ズボっと」抜けるので「ズボガニ」という呼び名もあります。殻が柔らかく、漁期の前半はみずみずしさ、後半は身の締まった食べ応え。ほとんどが県内で消費されるので、この時期福井に来たらぜひ味わってください。

 

「越前がに」は歴史あるブランド品

「越前蟹」の名は、すでに室町時代にその記録が残されています。京都の公家、三条西実隆の1511年3月20日の日記に、「伯少将送越前蟹一折」、翌21日にも「越前蟹一折遣竜崎許了」と記されています。
そして江戸時代の中頃から少しずつカニ漁が行われ、明治時代に入って、本格的に漁獲が始まりました。
「越前がに」の皇室献上は1922年から始まりました。坂井市三国町内の鮮魚店が持ち回りで調理し、県職員が天皇、皇后両陛下、皇太子家、秋篠宮家、常陸宮家、三笠宮家に届けています。

 

正規品の目印。幸せを運ぶ「黄色のタグ」

越前がにのブランドを守るため、県内で水揚げされたすべての「越前がに」には黄色いタグ が付けられています。タグには「越前がに」のブランド名と水揚げされた漁港名が書かれており、カニのはさみの根元に取り付られています。
また「越前がに」の最高級ブランドとして、2015年に「極」という基準が設けられました。重さ1.3kg以上、甲羅の幅14.5cm以上、爪の幅3cm以上を満たしたカニのみに与えられる称号です。福井県水産課によると、「極」の基準に達するズワイガニが揚がるのは、1シーズンに500匹前後。全体の0.5%以下という、本当に貴重なカニなのです。

 

福井市のカニには「福いいネ!」

福井市鷹巣港で水揚げした同船のカニには、福井市のイメージロゴ「福いいネ!」のプレートも取り付けられています。ゆでたカニのような赤い色に、グッドサインをした親指が描かれています。

 

そして「ふくいさん」がおすすめするのが、底引き網漁船「漁勝丸」のカニ。
漁勝丸は品質のよい越前がにを漁獲する漁業者として知られていて、「福いいネ!」タグ付きの越前がには三国港市場での競りを経て、県内外に出荷されています。

 

ゆでたそのままで味わって

越前がにの食べ方は、ゆでがにが一番。塩水で丸ごとゆで上げて、越前ガニのおいしさを最も堪能できる食べ方です。長い足には上品な甘みの身が詰まっています。
もう一つの味わいどころが、かにみそ。カニの肝臓。脂肪やグリコーゲンなどの栄養分が豊富に含まれ、ねっとりと濃厚な甘さや奥深い味が楽しめます。
セイコガニは甲羅の中にある内子と、腹に抱えた外子がお楽しみ。内子はオレンジ色の未成熟の卵巣で、濃厚な味わいです。
外子はカニの卵で「ふんどし」と呼ばれるの部分に抱えています。細い筋に葡萄のようにびっしりと付いていて、解禁直後はオレンジ色。卵の成熟が進むと色が黒くなっていきます。ぷちぷちとした食感が美味です。

 

良いカニは、赤みが鮮やかで艶があり、手に持ってみて、小さくとも重みのあるカニがよいとされています。
一つの目安として、甲羅に付いている「カニビル」という黒い点状の付着物が挙げられます。これはカニの甲羅に卵を産み付けるヒルの卵の殻で、カニに対しての害はありません。このカニビルが多いということは、脱皮してからの期間が長いことで、肉の身入りがよいとされています。

 

福井のカニの秘密、わかっていただけましたか?
是非福井までおいしいカニを食べにきていただきたいのですが、 それができない場合でも、「ふくいさん」でおいしいカニをお届けできます。
「ふくいさん」では極上のカニを揃えていますのでぜひぜひご賞味下さい!

NEW

福井県内トップのかに問屋が厳選した越前がにを、ゆでたてで越前海岸から直送。カニを知り尽くした目利きと技でお届けするこだわりの品です。

¥27,450〜 (税込・送料込)
NEW

形よし、鮮度よしの「越前がに」。福井市唯一のかに漁船「漁勝丸」が水揚げした福井市産の越前がには、皇室に献上するカニを扱う三国の競り人も一目置く品質です。

¥27,450〜 (税込・送料込)
029-03
NEW

福井県内の漁協が加盟する福井県漁連がお届けするカニは、安心安全でおいしさも太鼓判。「越前がに」とは違ったおいしさが味わえる通好みの「せいこがに」をご紹介。

¥7,800〜 (税込・送料込)